点検及び第3者機関の鑑定後、事前お渡し金を確定する際の基準についてを記載いたします。
契約前の申告と異なった場合、金額の増減が発生します。
申告通りの場合は、予め定めたレンジの真ん中が基準となります。

■査定レンジ内で増額になる内容■

  • シートがファブリックではなく革シートだった
  • サンルーフがついてた
  • 新車保証がついていた
  • 修復歴ありの申告が鑑定後、修復歴がなかった
  • カスタム内容がよかった
  • コーティングがよかった
  • 外装の状態がよかった
  • 走行距離が申告より少なかった
  • 年式が申告より新しかった

■査定レンジ内で減額になる内容■

  • 申告に無い板金塗装歴が1パネルあった
  • 申告に無い外装の傷、凹みがあった
  • 申告に無い内装のダメージがあった
  • タイヤ残溝がスリップラインに達していた
  • 申告時の走行距離と500km以上相違があった場合
  • 動物毛、匂いがあった

■2次査定レンジ以上に減額になる内容■

  • 修復歴/冠水歴/盗難車ありだった
  • 申告に無い板金塗装歴が2パネル以上あった
  • 申告時の走行距離と1000km以上相違があった

回答が見つかりましたか?